【追記】ニンテンドースイッチのeショップで発生した障害が解消 – iNSIDE

任天堂は、ニンテンドースイッチのニンテンドーeショップが利用できない状態にあると発表しました。

この状態は、本日12月13日の9時2分頃に発生。実機で確認したところ、現時点(10時30分)でもこの状態は継続中でした。復旧の目処が立つまで、今しばらくお待ちください。なお、任天堂ホームページでのソフト購入も利用できないとのことです。

【追記】
ニンテンドーeショップの障害について、12月13日の12:50分時点で解消されていることを確認しました。

■ネットワーク メンテナンス情報・稼働状況
URL:https://www.nintendo.co.jp/netinfo/ja_JP/index.html

全米3週連続1位!ピクサー最新作『リメンバー・ミー』はオトナも泣ける!? – インフォシーク

おもちゃたちの世界、モンスターが住む異世界など、誰も観たことがない世界を舞台に数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが放つ最新作が、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした『リメンバー・ミー』だ。

先月全米で公開されるや3週連続で全米興収ランキング1位を記録する大ヒットになっている本作だが、オスカー前哨戦と言われる賞レースも席巻中で、“アニメーション界のアカデミー賞”と言われるアニー賞は最多13部門にノミネートされる快挙を達成。

その他、ニューヨーク映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ワシントンDC映画批評家賞、ボストン映画批評家賞などの権威ある映画賞を立て続けに受賞するなど、興行、批評の両面で大成功となっている。では、本作のどんな要素が子供たちのみならず、大人たちをも夢中にさせるのだろうか。

本作の主人公はミュージシャンを夢見る少年ミゲル。しかしミゲルの家は先祖代々音楽を禁じられており、ギターを弾くことも許されなかった。葛藤する気持ちを抱えたミゲルは、ある日ひょんな事から、憧れだった伝説の歌手デラクルスが自分の“ひいひいじいさん”だと思い込んで彼の霊廟に忍び込む。そこに飾られていたギターを弾くと、突然カラフルで美しい“死者の国”に迷い込んでしまうのだった。

カプコン、PSVR対応「バイオハザード7」ゴールド エディション発売前に最新映像を公開 – VR Inside

PSVR対応「バイオハザード7」ゴールド エディション発売前に最新映像を公開

12月14日(木)に発売される「バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション」と無料エピソード「ノット ア ヒーロー」の配信を控えて、最新動画「TAPE-03“ジョー・ベイカー”」が公開された。

ヴェールに包まれていた後日譚「エンド オブ ゾイ」への期待がさらに膨らむPVとなっている。

また大人だけの、そしてホラー上級者だけの「グロテスク バージョン」にも「ゴールド エディション」が登場。

このバージョンに限りパッケージ版(PlayStationⓇ4向けのみ)も発売される。

イメージ

PSVR対応「バイオハザード7」ゴールド エディション発売前に最新映像を公開(以下、リリース原文まま)

最新PV 「TAPE-03“ジョー・ベイカー”」が公開されている。

『BIOHAZARD 7 resident evil Gold Edition』 TAPE-03“ジョー・ベイカー”

https://youtu.be/BLt4qfaRvCM

【日本語ボイス】

『BIOHAZARD 7 resident evil Gold Edition』 TAPE-03“ジョー・ベイカー”

https://youtu.be/GA-ZMAEpmKw

イメージ

ゴムボートの群れ

アンブレラと思われる数艇のゴムボートが置き去りにされている。

辺鄙な片田舎で何が起こっているのか?

イメージ

打ち棄てられた汽船

廃墟と化して日にちが経っていそうな汽船。ここの探索も必要になるかもしれない。

イメージ

鰐との格闘

沼地には凶暴な鰐が生息している。

開拓者さながらの生活を送るジョーにとっては、危険な敵であるとともに日々の糧でもある。

イメージ

異形を砕く拳

長らくサバイバル生活を送ってきたジョー。頑健な彼の拳がモールデッドを粉砕する。

イメージ

禍々しさを増した異形

下腕部や頭部が鋭利に尖った変異種。より攻撃性が増しているのだろうか?

イメージ

モールデッドを撃退せよ

沼の周辺はモールデッドの巣窟と化しているようだ。あらゆるものを使って撃退せよ。

イメージ

さらなる変異種

何度も対峙することとなるクリーチャー。モールデッドとは異なる種のようだ。

幾分か人間だったころの姿形を保っているようだが…。

イメージ

DLC:エンド オブ ゾイ

配信予定日:2017年12月14日(木)

販売価格:PS4、PC(STEAM版、Windows store版)

1,389円+税 Xbox One 1,400円+税

※既販売中の「シーズンパス」に本コンテンツは含まれておりません。

お楽しみいただくには別途購入が必要となります。

イメージ

バイオハザード7 レジデント イービル「Not A Hero」

クリス・レッドフィールドが事件の収束に挑む。2017年12月14日(木)無料配信迫る!

イメージ

新たな生物兵器の開発計画、そしてバイオテロの情報を察知した新生アンブレラ。

彼らは速やかに事件を収束させるため、ある作戦を立案した。指揮を執るのはBSAAより招かれた歴戦の勇士、クリス・レッドフィールド…

「Not A Hero」の物語は「バイオハザード7」本編のクライマックスから幕を開ける。

一般人が事件に巻き込まれてゆくイーサンの悪夢とは異なり、プロフェッショナルが危地に挑む本作では、本編とは異なる恐ろしさ、そしてSTGのテイストも併せ持ったサバイバルホラーが描かれる。

本作は無料配信。全ての「バイオハザード7」プレイヤーに事件の結末を見届けて欲しい。

バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション

ロゴ

対応ハード

PlayStation®4(PlayStation®VR対応/HDR対応、PlayStation®4 Pro 4K/HDR対応)、Xbox One(Xbox One S HDR対応)、PC

発売予定日

2017年12月14日(木)

販売価格:ダウンロード版※

PS4、PC(STEAM版) 4,620円+税 Xbox One 4,680円+税

PC(Windows store版) 4,630円+税

ジャンル

サバイバルホラー

プレイ人数

1人

CEROレーティング

D(17才以上対象)

著作権表記

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

※本作はダウンロード版のみの発売

バイオハザード7 レジデント イービル公式サイト

http://www.capcom.co.jp/biohazard7/

バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション グロテスクバージョン

対応ハード

PlayStation®4(PlayStation®VR対応/HDR対応、PlayStation®4 Pro 4K/HDR対応)、Xbox One(Xbox One S HDR対応)、PC

発売予定日

2017年12月14日(木)

販売価格

パッケージ版※:PS4 4,990円+税

ダウンロード版: PS4、PC(STEAM版) 4,620円+税 Xbox One 4,680円+税、 PC(Windows store版) 4,630円+税

ジャンル

サバイバルホラー

プレイ人数

1人

CEROレーティング

Z(18才以上のみ対象)

著作権表記

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

※パッケージ版はPlayStationⓇ4のみの発売

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクバージョン公式サイト

http://www.capcom.co.jp/biohazard7/Z/

参照元:カプコンの発表

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

カプコン、ストリートファイターシリーズ12作品を収録したコレクション版を発売 – CNET Japan

「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」キーアート

「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」キーアート

(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 カプコンは、対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの海外アーケード版12タイトルを収録した「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」を2018年春に発売する。対応ハードはPlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、PCで、価格は未定。

 本作はストリートファイターシリーズ30周年を記念して制作されているもので、海外のアーケード版を起用した「ストリートファイターII」、「ストリートファイターIII」、「ストリートファイターALPHA」、そしてシリーズ初代タイトルである「ストリートファイター」など計12作を収録している。なお海外版であるため、タイトルやボイス、テキストが英語表記となっている。

 「ストリートファイターII ターボ」、「スーパーストリートファイターII ターボ」、「ストリートファイター ALPHA3」、「ストリートファイターIII サードストライク」の4タイトルについてはネットワーク対戦にも対応。このほか、キャラクター情報や音楽、これまでに公開されたイラストを閲覧できるミュージアムモードを搭載しているほか、未公開のコンテンツも用意されているという。

PUBG on Xbox: 5 things you should know before buying – CNET

I’m an addict. My drug of choice: PlayerUnknown’s Battlegrounds, the “Hunger Games“-like video game where 100 players paradrop onto an island, scavenge for weaponry and fight to be the last to survive.

I’ve played over 300 hours of PUBG to date, and I’ve now spent several more testing out the long-awaited Preview version of the game for Xbox One, which launched today for $30, £25 or AU$40.

The good news: It’s just as nail-biting and heart-pounding an experience as the PC original. With an assist from Microsoft developer PUBG Corp. has managed to bring over practically every element that made the game great, in spite of the game’s dizzying array of controls. (This is a game where shooting enemies can require pressing buttons to lean out of cover, hold your breath, aim down sights and zero for distance all at the same time.)

The bad: The game simply doesn’t run well, even on Microsoft’s recently released, amped-up Xbox One X. If you’ve got an original Xbox One, I’m not sure I can recommend it at all. Plus, some of PUBG’s gamepad controls still feel pretty awkward.

That said, the PC version had its fair share of issues at launch, too, though it steadily got better with updates. Another place to find the Xbox version is under Microsoft’s “Game Preview” program.

Here are five things Microsoft and PUBG Corp need to improve to earn my money.

Frame rate

Whether you play on Xbox One or Xbox One X, today’s PUBG can often feel like a choppy mess. 

Eurogamer’s Digital Foundry has an excellent split-screen comparison between Xbox One and Xbox One X (see embedded video) but the short version is this: The game tops out at 30 frames per second, but can often dip beneath 20 frames per second, or even as low as 15 on the original Xbox One console. That’s abysmal for any game, much less a competitive multiplayer shooter.

Draw distance and pop-in

Video games don’t always render objects “as far as the eye can see”. Sometimes, they only display buildings and trees and items that are fairly close to you, to save on processing power. Draw distance is how far away objects are displayed.

Also, sometimes games will show you very low quality, rudimentary objects from far away, then “pop-in” the higher quality versions when you get close.

On the original Xbox One, the draw distance and pop-in are so bad right now you can’t drive a car at full speed, because you might hit barriers that don’t exist until they decide to show up and totally ruin your day. I certainly did.

Here are a couple examples of less worrying draw-distance and pop-in quirks:

On the Xbox One X, it’s quite a bit better, but it’s still pretty obvious that objects are popping into view. 

It’s also super weird to see some of the game’s biggest landmarks, like the military base and the bridges between the islands, are invisible from the air until you get really close. That’s currently the case on both consoles.

Aim assist

There is none.

Unlike most shooters on game consoles, there’s no auto-aim of any sort… not even a little nudge in the right direction as far as I can tell. Which is why most of my fights wound up like this:

Except for that one time a player was kind enough to stand perfectly still, right in front of me. That was nice of them:

As is, you’ll really need to learn to precisely move the analog sticks to hit anything, and you may want to play with their deadzone and sensitivity too. Which actually is a setting you can change, by the way — from the main menu, hit Start to go to the screen where you select your geographical region, then again. (It’s a weird place to keep it.)

I don’t know about you, but I’d really like a teensy bit of aim assist so I’m not flailing around during gunfights. I’m here to wrestle with other players, not the control scheme.

Shouldering a weapon

And speaking of wrestling with the control scheme: One place where the PC version strangely outstrips the console’s is the simple act of precisely aiming a weapon at enemies. In order to aim down the sights, you’ve got to tap the left trigger to enter a totally different “Aim” mode where the rest of your controls change to better suit a sniper role.

But while it’s nice to have easy access to controls to hold your breath, and/or zero in your weapon in “Aim” mode, you can’t easily run away without tapping the left trigger again to “exit” that mode. It leaves you vulnerable. On PC, I’d simply tap and hold the right mouse button to carefully aim, then let go as soon as I needed to run. 

On the plus side, I guess it makes sniping a little riskier. PC had too many snipers, if you ask me. Similarly, I think it’s weird that you have to hold down the X button to reload — which takes way longer than on PC! — but it makes the game more interesting when players run out of bullets.

Inventory management  

It’s a pain. Any time I’m trying to loot a fallen enemy, it takes so long I’m practically begging for someone to sneak up and kill me. PUBG for Xbox’s inventory system requires tabbing through up to four different columns of items (ones on the ground, ones in your backpack, ones you’re wearing and your equipped weapons) to do simple things like take a scope that’s on the ground and attach it to a particular weapon.

(There was probably an easier way for me to do the above scope swap.)

There are handy shortcuts, like tapping a button to attach an item to a gun automatically, but it still takes a while if you haven’t burned them into your brain. Tapping X will put items into your backpack, and tapping A will equip items or attach them to your weapon, but if you tap X when you meant to tap A (or vice versa) you’ll do the wrong thing — or maybe not grab the item at all.

I respect that Microsoft found a way to bring all the item management elements of PUBG to Xbox by inventing this control scheme… but honestly the PC version’s inventory was already too convoluted. I was hoping for something simpler.  

So: Those are the biggest things to think about before you buy PUBG at launch. But you should know they may not be annoyances forever. When I asked about the performance issues, I received this statement from a Microsoft rep:

“In bringing ‘PUBG’ to Xbox One, our goal was to bring the core game experience that fans have played on PC for many months to console. That means the development on the title is still ongoing and work in progress. ‘PUBG’ is launching in Xbox Game Preview, which enables fans to preview and purchase work-in-progress digital titles, participate in the development process and help developers make Xbox One games the best they can be. 

“Similar to its development on PC, ‘PUBG’ on Xbox One will continue to receive content new content, updates, optimizations and more in the months ahead.” 

So stay tuned. And if you want to get better at PUBG, check out my huge FAQ.

「黒子のバスケ」初のアパレルブランド誕生!『黒子のデニムシャツ』等 描き下ろしイラスト衣装を再現 – SankeiBiz

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」( http://p-bandai.jp/?rt=pr )では、アニメ「黒子のバスケ」に登場する主人公“黒子テツヤ”をはじめとしたキャラクターイメージの新アパレルブランド「KUROCORZET(クロコーゼット)」を展開。第一弾として『黒子のデニムシャツ』(5,900円 税込/送料・手数料別途)や『火神のスタジャン』(12,000円 税込/送料・手数料別途)など全9アイテムの予約受付を2017年12月13日(水)13時に開始いたします。

商品一覧ページ:
http://search-fn.p-bandai.jp/?lang=ja&page=1&sort=0&q=&C7=b0039
■『KUROCORZET』ブランド 特設ページ:
https://bandai-fashion.jp/feature/kurocorzet/
(プレミアムバンダイ ファッションポータルサイト「バンコレ!」)

■商品特長
アニメ「黒子のバスケ」に登場する主人公“黒子テツヤ”や相棒の“火神大我”、ライバルである「キセキの世代」メンバーなど、各キャラクターのイメージをファッションに落とし込んだバンダイが手掛ける新アパレルブランド「KUROCORZET」が誕生。ブランド名は“KUROKO(黒子)”と“CLOSET(クローゼット)”を掛け合わせた造語で、“C”には“Clothes(洋服)”の意味を込めました。
黒子のバスケに登場するキャラクターが自然体で居られる、そしてそのキャラクターの魅力を引き出すことができるデイリーウェアをデザインします。

第一弾は、今回のために描き下ろされたイラストをもとに、キャラクターが着用しているトップスをそのまま商品化。『黒子のデニムシャツ』、『火神のスタジャン』、『緑間のチェスターコート』、など寒さが続く季節にピッタリなアウターなどをご用意。各キャラクターと合わせたコーディネートを楽しむことができます。

さらにブランドオリジナルアイテムとして、描き下ろしイラスト内でそれぞれのキャラクターをイメージして描かれている花や、ユニフォームの背番号、学校名を使用したアイテムも登場。黒子ならマーガレット、火神ならガーベラといった花のデザインを使用した『Tシャツ』、ユニフォームの背番号や学校名が入った『ワッペンセット』で、コーディネートをさらに彩ります。

一見、キャラクターアイテムには見えないシンプルなデザインに各キャラクターをイメージした要素を散りばめることで、日常の中でもキャラクターや作品の世界観を楽しんでいただけるアイテムを揃えました。

■商品概要
・商品名  :黒子のデニムシャツ
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120797/?rt=pr )
・価格   :5,900円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約67 身幅48 肩幅38 袖丈46.5 AH21 袖口幅10cm
・商品素材 :綿100%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :火神のスタジャン
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120780/?rt=pr )
・価格   :12,000円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約66 身幅51 肩幅41.5 袖丈62 AH26 袖口幅9cm
・商品素材 :表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル65% 綿35%
       リブ:ポリエステル100%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :黄瀬のニット
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120781/?rt=pr )
・価格   :5,900円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約68 身幅49 肩幅47 袖丈60.5 AH21.5 袖口幅7.5cm
・商品素材 :アクリル100%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :緑間のチェスターコート
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120782/?rt=pr )
・価格   :14,000円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約82 身幅51 肩幅44 袖丈57.5 AH21 袖口幅12cm
・商品素材 :表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル65% 綿35%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :青峰のモッズコート
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120783/?rt=pr )
・価格   :12,000円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約85/93.5 身幅51.5 肩幅44 袖丈63
       AH23.5 袖口幅12cm
・商品素材 :表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル65% 綿35%
       ファー:ポリエステル100%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :紫原のニット
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120784/?rt=pr )
・価格   :5,900円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約56.5 身幅51 肩幅54 袖丈43 AH17 袖口幅10cm
・商品素材 :アクリル100%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :赤司のニットカーディガン
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120785/?rt=pr )
・価格   :8,900円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:着丈約69.5 身幅48.5 肩幅47 袖丈61.5 AH22 袖口幅8cm
・商品素材 :アクリル100%
・商品お届け:2018年3月予定
・生産国  :中国

・商品名  :KUROCORZET ワッペンセット 7種
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120799/?rt=pr )
・価格   :各2,900円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:背番号 約65mm 花 約40mm~50mm 名前 約55mm~80mm
       学校名 約60mm~65mm
・商品素材 :生地 ナイロン/刺繍 レーヨン
・商品お届け:2018年2月予定
・生産国  :日本

・商品名  :KUROCORZET Tシャツ(白・黒)
       ( http://p-bandai.jp/fashion/item-1000120798/?rt=pr )
・価格   :各3,900円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:S/着丈約65 身幅48 肩幅40 袖丈20cm
       M/着丈約68 身幅50 肩幅42 袖丈20cm
       L/着丈約71 身幅53 肩幅44 袖丈21cm
       XL/着丈約75 身幅58 肩幅46 袖丈22cm
・商品素材 :綿
・商品お届け:2018年2月予定
・生産国  :中国(加工:日本)

<共通項目>
・対象年齢 :15才以上
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、他
       ( http://p-bandai.jp/?rt=pr )
・予約期間 :2017年12月13日(水)13時~準備数に達し次第終了

(C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。

■アニメ「黒子のバスケ」について
原作「黒子のバスケ」(原作者:藤巻忠俊)は、2008年より「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始された大人気バスケットボール漫画。2014年9月に連載が終了するも、2014年12月より「少年ジャンプNEXT!!」で続編の連載が再開されました。コミックス発行部数は1~30巻で累計3,000万部を突破。2012年テレビアニメ第1期、2013年第2期、2015年1月~6月でテレビアニメ第3期が放送されました。2016年にテレビアニメのウインターカップ編の総集編は、3回に分けて劇場版アニメとして公開され、2017年3月より「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」が公開されました。

■バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」とは
「プレミアムバンダイ」は、子どもから大人までいつでもどこでも24時間楽しめるバンダイの公式ショッピングサイトです。「プレミアムバンダイ」でしか買えないこだわりの限定アイテムの販売や、メールマガジンで人気キャラクターのイベント情報、お得なキャンペーン情報もいち早く手に入れることが出来ます。
バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」 http://p-bandai.jp/?rt=pr

■キャラクターファッションサイト「バンコレ!」とは
バンダイ提供の大人向けキャラクターファッションアイテムの情報をお届けする無料会員サイトです。
最新の商品情報のほか、イベント情報やプレゼントキャンペーンなどもお知らせ。キャラクターが大好きなあなたへ、普段使いできてハイセンスなキャラクターファッションアイテムを提案します。
※バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」と連携したポータルサイトです。
キャラクターファッションサイト「バンコレ!」 http://bandai-fashion.jp

【本プレスリリースに関する報道関係者向けお問い合わせ先】
株式会社バンダイ
ネット戦略室 プロモーション担当 志田(シダ) 井上(イノウエ)
E-mail: pr@p-bandai.jp

任天堂ガンホーと協業検討か – ASCII.jp

Wall Street Jounalが報道:

2017年12月13日 10時15分更新

文● G. Raymond

 任天堂がスマートフォン用ゲームの開発について、現在提携しているDeNA以外にガンホーとも話し合いを進めていたとウォールストリートジャーナルが報じた(Nintendo Looks for Help to Raise Its Smartphone Game)。ガンホーは否定。担当記者Takashi Mochizukiは「私が長い時間かけて各所から集めた情報によるとガンホーが任天堂にアプローチをしたのは間違いがない」とツイート。

 ガンホーはスマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)開発元。パズドラは11月時点で国内累計4700万ダウンロードを超える、ミクシィXFLAGの「モンスターストライク」(モンスト)と並ぶ人気タイトル。2015年には任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けのゲームソフト「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」を発売している。

ディズニーによるフォックスの事業買収が今週にも成立か – IGN JAPAN

ディズニーが21世紀フォックスの映画とTVドラマの制作部門を買収する方向で、今週にも合意が成立する可能性があるという。

CNBCによれば、合意は成立間近で、米国時間の今週木曜日にも正式発表が行われる可能性があるとのこと。同じくフォックスの事業買収に関心を示していたコムキャストはこれを断念し、現在交渉を続けているのはディズニーのみとなった。買収額は600億ドルに上るとされているが、正確な数字はわかっていない。

先週、ディズニーとフォックスの交渉が成立に近づいており、どちらも事業買収を前向きに検討していると報じられた。合意が成立すれば、ディズニーはフォックスのTVと映画部門、地方スポーツネットワーク、Huluの株式30%などを取得する見込みだ。

この合意には、ジェームズ・キャメロンの「アバター」続編への権利、フォックスが所有する「X-MEN」や「ファンタスティック・フォー」などのマーベルIPが含まれる。フォックスに残るのはフォックス・スポーツとその中継ネットワーク、ニュースとビジネス部門のみとなる。

キャメロン監督は先日、この買収が「アバター」続編にどのような影響を与えるかについて話している。ディズニーが21世紀フォックスの事業を買収しようとしているというニュースは今年の11月に飛び出した

スマホ写真をチェキ風にプリント! タカラトミーの「プリントス」を試してみた – マイナビニュース

3度の発売延期を経て、12月13日ついに登場したタカラトミーの低価格プリンター「プリントス」。スマートフォンの写真を、富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」用フィルムにプリントすることができるアイテムです。

本製品最大の特徴はいろんな意味で「お手軽」なところ。通販サイトでの実売価格は3,600円前後と非常に手頃。スマホに専用アプリをインストールする必要もなく、動作に電池も不要です。

  • タカラトミー

    タカラトミー「プリントス」。実売価格3,600円前後で販売されています。プリントに使うフィルム「インスタックスミニ(チェキ)フィルム」は別売り。※以下、製品の写真は試用機のものです

  • 外したフレームをウイングの上に乗せたら、画像を表示した状態のスマホをセットします。プリントスの画面サイズは62×46mm。フィルムを排出する側(写真では左側)が印刷した際にフレームの上側になるので、スマホの方向もそれに合わせましょう

「ポケ森」はなぜサービス満点か? 破格の安さ、キャラクター大解放、街づくりゲーム化に透ける任天堂の狙い~ゲームキャストトシ – 日経テクノロジーオンライン

この記事は日経エレクトロニクス購読者/日経ものづくり購読者/日経Automotive購読者/日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、2017年12月17日まではどなたでもご覧になれます。

 2017年11月21日、任天堂はスマートフォンゲームの新作「どうぶつの森:ポケットキャンプ(ポケ森)」の配信を全世界で始めた。自社IPで任天堂自身が作ったスマホゲームとしては、2016年12月の「スーパーマリオ ラン」、2017年2月の「ファイアーエムブレム ヒーローズ」に続く3作目となる。
 果たしてポケ森は任天堂にとって成功体験になり得るのか。スマホゲームに詳しい3人の識者にそれぞれ論じてもらう。3人目の論者はスマホゲームレビューの人気サイト「ゲームキャスト iPhone」の管理人、ゲームキャスト トシ氏にお願いした。(編集部)

スマホ版「どうぶつの森」はサービス満点だ!

(イラスト:闇雲)

[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン(スマホ)版の「どうぶつの森」こと「どうぶつの森 ポケットキャンプ(以下、ポケ森)」は日本で記録的なヒットを叩き出し、任天堂のスマホゲームの中でも「スーパーマリオ ラン(マリオラン)」に次ぐ1500万ものダウンロード数を記録しました。日本ではトップセールスチャートの10位以内に入り、その点でも話題になっています。しかしこうした売り上げ面での大成功は任天堂にとってもはや副次的な要因にすぎないと私は考えています。

 ポケ森には任天堂が託した真の目的があり、その目的を果たすために他社には真似できない任天堂ならではの最高の仕掛けが仕込まれています。今回は任天堂の真の目的とそのために用意されたゲームの仕掛けについて説明します。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の起動画面

(出所:任天堂 (c)Nintendo)

[画像のクリックで拡大表示]