秋元康が企画、深夜生放送“スマホ”番組誕生 NGT48・中井りか出演決定 – 上毛新聞ニュース

秋元康が企画、深夜生放送“スマホ”番組誕生 NGT48・中井りか出演決定

2017年10月19日(木) AM 05:00

 AKB48グループや乃木坂46、欅坂46の総合プロデュースを手がける秋元康氏が企画した新番組『スマートフォンデュ』(毎月1回 木曜 深0:50~2:45)が、テレビ朝日で26日よりスタートする。スマートフォンを最大限に活用しながら、月1回、木曜深夜に約2時間の生放送を敢行。視聴者と双方向でつながりながらさまざまなムーブメントを仕掛けていく。番組初回MCは、お笑いコンビ・タイムマシーン3号。アシスタントとして、NGT48の“お姫様キャラ”中井りかが出演する。

【写真】初回MCのタイムマシーン3号ほか

 情報収集やコミュニケーションにとって欠かせないアイテムになっているスマホを駆使し、例えば、LINEを使って視聴者と番組出演者が生放送中に直接やりとりをしたり、視聴者からのリアルタイムでのやり取りを生の声として紹介したり、スマホを通してさまざまなことを募集したり。

 “生放送”という利点を最大限に活かし、「そのとき世間を騒がせている“時事ネタ”を盛り込んだ企画」「番組放送中に視聴者に呼びかけ、リアルタイムで進行していく予定不調和な企画」「新たなコンテンツを提案し、それに対して視聴者からリアクションをもらう企画」などを展開する予定。テレビを見ながら、スマホでその番組に参加する、現代人のテレビ視聴スタイルに寄り添っていく。

 さらに、15人の現役女子大生たちも番組に参加。ただし、スタジオ出演できるのは、15人の内、5人だけで、LIVE動画ストリーミングサービスの「SHOWROOM(ショールーム)」で行う人気投票で決めていく。また、「SHOWROOM」では、“番組に出られる権利”を掛けた芸人オーディションも実施。ネット上で一発芸やネタを披露し、視聴者の投票で上位になった人はスタジオに生出演できる。番組から、新しいスターは生まれるのか。

 初回放送には、番組を盛り上げる芸人として、マシンガンズとゆきちの参加も決定。ゆきちは、地上波に登場するのは、ほぼ初めてという“新顔”だ。初回はタイムマシーン3号が務めるMCも、スマホを通した視聴者の反響次第で交代する可能性がある。

 そのタイムマシーン3号・関 太は「番組MCのタイムマシーン3号です! いつか言いたかったこのせりふを言える機会が来ました」と喜び半分、「新感覚深夜番組、予定不調和な企画、大勢の今時女子大生、総合プロデュースに秋元康さん、そしてMCとはいえ交代もあり得るという恐ろしい話」に戦々恐々? 相方の山本浩司も「芸歴17年で、初の地上波MCです。これでようやく親の仕送りから卒業できそうです。ですが聞くところによるとMCの入れ替えもあるとの事なので、僕も親も安心は出来ません。とにかくめちゃくちゃ気合が入っています」と、気を引き締めている。

【関連記事】

テレビ朝日で10月26日深夜スタート、生放送“スマホ”番組『スマートフォンデュ』アシスタントとしてNGT48の中井りかの出演が決定

新iPhoneは高価でも“X待ち”の傾向 購入意識調査 – 日経トレンディネット

11月3日に発売するアップルの「iPhone X」。性能やデザインを評価した人の多くがiPhone 8/8 Plusを購入せず、“iPhone X待ち”をしていることが分かった

[画像のクリックで拡大表示]

 調査会社のBCNは、スマホを利用したアンケートを手がけるスマートアンサーと共同で、この秋に登場する新型iPhoneの購入調査を10月に実施。11月3日に販売を開始する最上位モデル「iPhone X」を購入したいと考える消費者が過半数を占め、有機ELの縦長画面など新しい要素が多いiPhone Xへの期待が高まっていることが分かった。iPhone Xは、初回の出荷台数がかなり少なくなるとの報道もあり、発売してからしばらくの間は争奪戦となりそうだ。

男性ほどiPhone Xを好む傾向、50代は7割超が購入意向を示す

 この秋に販売を開始する新型iPhone「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の3機種のうち、どの機種を購入したいかという問いに対しては、実に58.7%がiPhone Xを購入したいと回答した。性別で見ると、女性が45.4%にとどまったのに対して男性は66.5%と高く、男性ほど購入意向が高いことがうかがえた。

3種類の新型iPhoneのうちどの機種の購入を考えているかの問いに対しては、iPhone Xが全体の58.7%と群を抜いていた(左の円グラフ)。購入の意向は女性よりも男性のほうが高く、20代の若年層よりも50年代の中年層のほうが高かった(右の棒グラフ)(出典:BCN)

[画像のクリックで拡大表示]

 年代別では、20代の購入希望者が48.3%にとどまるのに対し、50代が70.4%と7割を超えており、基本的に年齢が高くなるほどiPhone Xを好む傾向が強いことも分かった。NTTドコモのiPhone Xの販売価格は、最小容量の64GBモデルでも12万5064円と高く、24カ月の月々サポートを適用したあとの実質負担金も6万8472円となる(auとソフトバンクはiPhone Xの価格をまだ発表していない)。10万円を軽く超える本体価格の高さから、若年層ほど敬遠する傾向が強くなっているとみられる。

 iPhone 8/8 Plusはすでに販売を開始しており、「iPhone 8を買ったけど、やはりiPhone Xが気になる」といったユーザーが数字を押し上げたことも加味する必要があるだろう。だが、それでも“iPhone X待ち”の消費者が予想以上に多いことはうかがえた。

9月22日に販売を開始したiPhone 8/8 Plus

[画像のクリックで拡大表示]

ドコモ「2画面スマホ」発表 – fnn-news.com

ドコモ「2画面スマホ」発表

10/19 00:59

ドコモが、「2画面」スマートフォンを発表した。
2018年1月に発売される、NTTドコモの2画面スマホは、中国メーカーと共同開発したもので、それぞれの画面に別々のアプリを起動させることができる。
またドコモは、2018年5月から、4年以上契約している利用者向けに、ポイントを使った新たな割引サービスを始める。
ソフトバンクやKDDIも、長期ユーザーへのポイントの優遇サービスを始めていて、顧客獲得競争が激しさを増すとみられる。

【注意】iOS11でロック中のiPhoneから写真が簡単に盗まれるバグと対策 – iPhone Mania

iOS11 バグ

 
iOS11に、iPhoneをロックしていても、簡単な方法で保存されている写真が丸見えになり、盗み出されてしまうバグが発見されています。最新のベータ版であるiOS11.1ベータ3でも発生することが確認されており、早期のアップデートでの対策が待たれます。

悪用厳禁!ロック中のiPhoneから写真が盗み出されるバグ

iOS11で、ロックしているiPhoneの写真が丸見えになってしまうバグを発見したYouTubeチャンネルのiDeviceHelpが、いとも簡単に写真が盗み出される様子を公開しています。
 
写真を盗み出すには、標的のiPhoneの電話番号またはApple IDの情報が必要です。しかし、攻撃者が電話番号を知らなくても、ロック中のiPhoneでSiriを呼び出して「私は誰?」と尋ねると、所有者の名前と電話番号が表示されてしまいます。
 
攻撃に使うiPhoneから、標的のiPhoneにFaceTimeオーディオを発信します。
 
iOS11 バグ
 
標的のiPhoneに着信したら、「メッセージを送信」をタップし、一番下の「カスタム」を選択します。
 
iOS11 バグ
 
メッセージ入力画面で、無作為に選んだ3つの絵文字を入力します。ここで、発信していたFaceTimeオーディオを切断します。
 
iOS11 バグ
 
ホームボタンを長押ししてSiriを呼び出し、何かアプリを開くよう頼むと、Siriが、まずiPhoneのロックを解除するよう要求してきます。
 
iOS11 バグ
 
スリープボタンを押して画面をオフにします。そして再度、先ほどと同じようにFaceTimeオーディオを発信します。
 
iOS11 バグ
 
標的のiPhoneで、先ほどと同じように「メッセージを送信」→「カスタム」と進みます。先ほど入力した3つの絵文字が表示されている左の「>」マークをタップすると、カメラアイコンが出てきます。
 
iOS11 バグ
 
カメラアイコンをタップすると、ロックを解除したのと同じように、iPhoneに保存されている写真が丸見えになってしまいます。
 
iOS11 バグ
 
FaceTimeオーディオを発信したiPhoneあてのメッセージ編集画面なので、写真を添付して送ることで、端末内の写真を盗み出されてしまいます。
 
iOS11 バグ
 
なお、開発者向けの最新のベータ版であるiOS11.1ベータ3でもこの問題が発生することが確認されています。
 
iDeviceHelpは、すでにAppleにバグを報告しているとのことなので、なるべく早い時期のアップデートでバグが修正されることに期待したいところです。
 
ロック中のiPhoneから、1分程度の短時間で写真が盗み出される様子を収めた動画はこちらです。
 

対策は「ロック中にSiriを許可」をオフに!

実は、昨年もiOS10で同様の問題が発生することが指摘されていました。
 
この手口でiPhoneの写真を盗み見されたり、盗み出されたりしないためには、iPhoneがロックされた状態でSiriを呼び出せないように設定しておくのが一番です。
 
iOS11なら、設定アプリから「Siriと検索」で「ロック中にSiriを許可」をオフ(白)にするだけです。
 
iOS11 設定
 
iPhoneがロックされている時にSiriを使えなくて不便に感じる方もいるかと思いますが、今後のアップデートでこの問題が対策されるまでは、設定の確認と変更をお勧めします。

 
 
Source:iDeviceHelp
(hato)

 
 

「iPhone X」を他のモデルと並べるとiPhone Xが欲しくなる件について – iPhone Mania

iPhone X
 
発売前のAppleiPhone Xが他の新モデルと並んでいる写真が投稿されました。iPhone8とiPhone8 Plusを脇に置くと、iPhone Xの素晴らしさがひしひしと伝わってきます。

iPhone8/8 Plusも本当に素晴らしいけれど…

先月発売された新モデルのiPhone8とiPhone8 Plusは両者とも秀逸なスマートフォンであることには間違いありません。
 
iPhone8、iPhone8 PlusともにMacBook Proにも劣らない速さのA11 Bionicチップを搭載し、iPhone8 Plusのカメラはデジカメが時代遅れに思えてくるほどのクオリティです。
 
しかしながら、RedditユーザーMessiLovesCR7によって投稿された下の画像を見てください。
 

iPhone X iPhone8 iPhone8 Plus

(左)iPhone8、(真ん中)iPhone X、(右)iPhone8 Plus

 

譲れないiPhone Xのデザイン

iPhone Xの一番の魅力はなんといってもそのデザインにあるといわれています。
 
2014年以来の新デザインのiPhoneであり、ステンレス鋼とガラスの構成は他にライバルが見つからないほどのエレガンスさがあります。
 
百聞は一見にしかずといいますが、他のモデルと並べるだけでここまで違いが際立つとは、驚きとしか言いようがありません。
 
iPhone Xの予約受付は10月27日に開始され、発売は11月3日です。
 
 
Source:Reddit via BGR
(lexi)

Facebook、IntelのAIチップづくりを手助け – iPhone Mania

Intel NNP
 
大手チップメーカーのIntelは、Facebookの人工知能チームの助けのもと、NNPと呼ばれる同社初のAI専用チップの開発をパートナー企業向けに進めています。

ライバル企業に追いつきたいIntel

大手チップメーカーのIntelは、AIで先駆けているFacebookの人工知能チームの助けを借り、同社初のAI専用チップの開発に着手しています。
 
人工知能市場では出遅れているといわれるIntelは、AIチップとして自動運転車などへの採用率の高いNvidiaのGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)に対抗するチップづくりを目指しています。
 
Intelのブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)は、「次の世代のAIハードウェアを市場に送り出すにあたり、Facebookと密接に協力し、互いの技術力を共有できることに非常に興奮している」と語ります。
 
Intelの最初のAIチップは、Facebookのようなパートナー企業向けの開発となり、フィードバックをもとに次のモデルを開発し、来年発表する予定です。

ニューラルネットワークに特化した初のチップづくり

IntelのAIチップはNNP(Neural Network Processor)と呼ばれ、名前からわかるようにニューラルネットワークに特化したプロセッサです。IntelのAI部門のヴァイスプレジデントを務めるナヴィーン・ラオ氏は、「世界初のニューラルネットワーク専用チップになる」と語っています。
 
Facebook AI Researchは、ニューラルネットワークのまたの名である、ディープラーニングの先駆者として知られるヤン・レカン氏をディレクターとして迎え、機械学習技術をすでにソーシャルネットワークサービスで広く使用しています。
 
現在データセンターでのCPUの99%を独占しているIntelですが、Facebookの助けのもと、今後大きな成長が期待されるAIチップ市場へと打って出ます。
 
IntelはAI関連企業の買収もすでに始めており、2015年にはプログラム可能なゲートアレイであるFPGAを製造するAlteraを167億ドル(約1兆8,800億円)で買収しています。
 
「Intelの強みは、幅広い製品ポートフォリオ(多彩な製品を手がけていること)にあり、1つの製品ですべてまかなうといった発想はありえない」と前述のラオ氏は語ります。
 
 
Source:Forbes
(lexi)

iPhone 8/8 PlusではなくiPhone Xを買いたい理由は? – エキサイトニュース

 BCNは、コロプラが提供するスマートアンサーと共同で「iPhone 8/8 Plus」または「iPhoneX」の購入意向者に対するアンケート調査を実施。10月12日に同社が運営するオンラインメディア「BCN RETAIL」で結果を公開した。

 家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」によると、iPhone 8/8 Plusは初動の勢いは例年に比べて低調であることが分かった。同社ではまず「iPhone 5s/5c」の初日に売れた販売台数を「1.00」とし、iPhone 8/8 Plusの累計を15日間、他シリーズと比較。その結果iPhone 5s/5c以降、9月に発売されたシリーズのなかでiPhone 8/8 Plusの指数は「2.97」と最も低く、iPhone 7/7 Plusの3分の2にも満たないことが分かった。

 10月3日時点で「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」いずれかの購入意向者に購入した端末を聞いたところ、58.7%が11月3日に発売するiPhone Xと回答。性別と年代の属性別に見ると、特に男性と50代の購入意向が高い。iPhone 8/8 Plus発売から約半月が経過している部分を加味してもiPhone Xのニーズが高いことが伺える。

 iPhone Xを購入したいユーザーへ、iPhone 8/8 PlusではなくiPhone Xを買う理由について聞いたところ、最も多いのは「iPhone Xの機能の方が良いと思うから」(50.6%)で、次いで「iPhone Xの方が高級感があるから」(46.7%)、「iPhone Xのデザインの方が良いと思うから」(38.6%)となった。同社ではアンケート結果から、iPhone Xに対する期待を含めた上で今2017年のiPhoneシリーズの売れ行き評価とするべきと結論付けている。

三菱自、完成検査報告に指紋認証導入 タブレット端末活用=CEO – ロイター

[東京 18日 ロイター] – 三菱自動車(7211.T)は、有資格者しか新車出荷前の完成検査の記録をできないようにするため、タブレット端末を活用した指紋認証を順次導入し、全工場で記録方法を統一する。益子修最高経営責任者(CEO)が18日、中期経営計画に関する会見で明らかにした。

日産自動車(7201.T)の工場で無資格者による完成検査が行われていた問題を受けた対応。三菱自は適正に完成検査が実施されていたことを確認しているが、一部の工場では、はんこを用いて記録していたため検査体制を強化する。日産では無資格者が有資格者の名前の入ったはんこを使用し、あたかも有資格者が検査したかのように見せかけていた不正が起きている。

国土交通省は他の自動車メーカーに対しても、日産のような不正がないかどうか確認して10月末をめどに報告するよう求めている。三菱自は日本で販売する車両を生産している工場をすべて調査し、16日に国交省へ問題がなかったことを報告した。

白木真紀

ドコモCMで人気のポインコ兄弟、ついにスマホ用グッズが登場。iPhone X用ケースは本体同時発売 – Engadget 日本版

販売店は、全国のドコモショップとドコモオンラインショップ。既にオンラインショップでは、価格未定ながら販売ページが公開中。なお、製品ブランドとしては、docomo selectの扱いとなります。

主軸となりそうなアイテムは、スマートフォン用ケースでしょう。用意される本体の種類は計7モデル。具体的には、iPhone Xと8(現状でPlusはなし)、Xperia XZ1と同Compact、arrows NX F-01K、AQUOS sense、そしてMONO MO-01K(2世代目)となります。

また特筆すべきは、ポインコ兄弟のデザインのみならず、兄(体型が細いほうです)単体、弟(ふっくらしているほう)単体のデザインも用意される点。

しかし種々の事情によるものか、兄弟版は全国のドコモショップでも販売されますが、兄単体の一部機種用、そして弟単体版などは、オンラインショップ限定製品となります。弟ファンにとっては悲しい事態ですが、購入の際には注意ください。

ケースに続くのは、マスコットとなる「フルフルチャームキャラピン」。ヘッドホン端子搭載機であればヘッドホンジャックに装着でき、iPhone系であればLightning端子に付けられる両対応設計です(ヘッドホンジャックのないAndroid機を使っている方はごめんなさい)。

そのほか、兄弟を模した「マルチリング」や、なぜか弟だけですが「マスコットモバイルスタンド」なども用意されます。

またパッケージデザインは、なぜかレトロアメリカンコミックス風味。このあたりもかわいいので、見所です。
なお、グッズや兄弟については、動画でもインタビューを行なっています。ぜひこちらもご覧ください。

また、発売記念キャンペーンとして、発売日となる11月3日から2018年1月9日まで、アクセサリー購入とエントリーにより、dポイントが10倍となるなど、お得なサービスを開催。元々がdポイントの販促キャラだけに、dポイントが優遇されるものとなっています。

さて、「なぜこれがニュースになっているのか?」と思われた方に向けて少し背景の解説を。

実はこの兄弟、これまでドコモショップの販促品や、ゲームセンター用のプライズとしてアイテムはありましたが、常時購入可能なスマートフォンアクセサリーという形態の商品はなかったのです(ちょっと意外な感じもしますが)。

一方でキャラクター人気はかなり高いため、こうした販促品の数々がオークションに出品されるとかなりの値が付くことも多くあった、というわけです。

筆者の周りでは、満を持してというか、むしろ「やっと出たの」的な感想さえも出ている今回のアクセサリー。キャラクターとしての人気に加えて、iPhone Xケースとしてはローンチ同時発売アイテムになるなど、docomo selectならではとも呼べる販売戦略も相まって、かなりの人気となるやもしれません。

「ラグナロクオンライン」のスマホ向けMMORPGが台湾で好調な滑り出し。韓国では10月31日にプレス向け発表会を開催 – 4Gamer.net


 GRAVITYは,「ラグナロクオンライン」のIPを用いたスマートフォン向けMMORPG「仙境传说RO:守护永恒的爱」iOS / Android台湾版を,2017年10月12日に配信している。同社によると,本作は台湾で非常に大きな注目を集めているとのことだ。

 たとえば配信開始から約24時間で,台湾のAppStoreでセールスランキング1位を記録。台湾のGoogle Playでも,セールスランキングで2位,人気ランキングで1位をそれぞれ記録しているという。

ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

 一方で同社は,本作に関する韓国のプレス向け発表会を,10月31日にソウルで開催する。また,釜山で開催されるG-Star 2017にも本作が出展される予定で,韓国版のサービスも注目が集まりつつある。中国,台湾,韓国と各地域で注目を集めており,日本展開(※関連記事)にも引き続き期待したい。