ちょっとカッコいい限定生産のUSB 3.0×8増設拡張カード

AREA「SD-PE43U3A-4E4I(Black Edition)」

2017年12月13日 23時13分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 8ポートのUSB 3.0ポートを増設することができる拡張カード「SD-PE43U3A-4E4I(Black Edition)」がエアリアから発売された。エアリア30周年記念モデルで限定生産品という。



8ポートのUSB3.0ポートを増設することができる拡張カード「SD-PE43U3A-4E4I(Black Edition)」

 「SD-PE43U3A-4E4I(Black Edition)」は、PCI Express(2.0) x4インターフェースに対応したUSB 3.0拡張カード。ASMedia社製コントローラー「ASM1042A」を4基搭載。さらに転送速度を確保しながらも、基板サイズを抑えるPericomブリッジを採用することで、USB 3.0を8ポート同時に使用可能とした。

黒塗装基板を採用する「SD-PE43U3A-4E4I(Black Edition)」

 USB 3.0はブラケット部に4ポート、内部に19pin(2ポート分)を2つ備える構造。SATA電源とPCI Expressから合計7.2Aの電力を供給し、8ポートにそれぞれ十分な駆動電力(900mA)を供給させる。さらに高品質な固体コンデンサー2種類(220uF/10V、47uF/16V)をそれぞれ配置し、安定した電力供給ラインを確保したという。



ブラケットはダーククロームカラーとなるほか、未使用時に使うUSBボードキャップ×4が付く

 カードサイズは約145×87.4mm。付属品にドライバCD(8㎝サイズ)のほか、未使用時に使うUSBボードキャップ×4が付く。

 価格は7538円。パソコンショップアークやテクノハウス東映、東映ランドで販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


コンパクトな屋外向け配信用キャプチャーデバイスが登場

AVerMedia「BU110」

2017年12月13日 22時58分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 AVerMediaから、一眼レフカメラやビデオカメラの高品質映像を配信するキャプチャーデバイス「BU110」が登場した。



一眼レフカメラやビデオカメラの高品質映像を配信するキャプチャーデバイス「BU110」

 「BU110」は、HDMI入力端子を搭載しフルHDの録画・ライブ配信に対応。一眼レフカメラやビデオカメラの高品質映像をリアルタイムで配信可能で、最大1080p/60fpsでの録画・ライブ配信ができる。

 Android配信アプリ「CameraFi Live」、もしくはPC/MAC用のキャプチャーソフトを使えば、手軽にカメラ映像や自撮りを編集して、YouTube、Twitch、Ustream、Facebook、ニコニコ生放送などに配信可能だ。

サイズは85(W)×43(D)×17(H)mm、重量約82gとコンパクト。外出時の携帯も便利で手軽に屋外から配信できる

 そのほか、録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフトウェア「AVerMedia RECentral」が付属。またXSplit、OBS Studio、NLE、など、サードパーティー製のキャプチャー・ライブ配信ソフトに対応するため、使い慣れたソフトを使うこともできる。



PCはもちろんAndroidデバイスでも利用できるのがポイント。スマホゲームの配信にも使えそうだ

 主なスペックは、最大入力解像度1920×1080(60fps)、最大録画解像度1920×1080(60fps)、対応ビデオフォーマットがYUY2/Motion JPEG、録画形式がMP4。サイズは85(W)×43(D)×17(H)mm、重量約82g。USB 3.0 Type-A to Type-Cケーブル(1000mm)やUSB 3.0 Type-Cケーブル(1000mm)が付属する。

 価格はパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で2万8857円。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


価格優先の人必見! KingSpec製2.5インチSSD

KingSpec「P3-256」、「P3-512」

2017年12月13日 22時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 KingSpecという中国のメーカーから、コストパフォーマンスに優れるSATA3.0対応SSD「P3」シリーズが登場。ツクモ各店で販売中だ。



コストパフォーマンスに優れるSATA3.0対応SSD「P3」シリーズ

 「P3」シリーズは、容量256GB「P3-256」と容量512GB「P3-512」の2モデルをラインナップするSATA3.0対応SSD。

パッケージには筺体はアルミ製という記載が見えるが、確認したところプラスチック製だった

 同じシリーズながらスペックは異なっており、「P3-256」はINTIO製コントローラーにIntel製MLC NANDを採用。転送速度はシーケンシャルリード550MB/sec、同ライト520MB/sec。「P3-512」はMaxiotek製コントローラーにMicron製MLC NANDを採用。転送速度はシーケンシャルリード570MB/sec、同ライト540MB/secとなっている。



512GBモデルでは最安クラスだ

 価格は「P3-256」が8480円(税抜)、「P3-512」が1万3980円(税抜)。ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


1.2TBのSSD 750が4万9800円!特価がヤバすぎた第8世代Core名古屋イベントを振り返る

前へ
1 2
次へ

パソコン工房 グッドウィル EDM館で開催

2017年12月13日 08時00分更新

文● ジサトライッペイ

 どもどもジサトライッペイです。12/9(土)にパソコン工房 グッドウィル EDM館で開催した、インテルのデスクトップ向け第8世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Coffee Lake)のイベント「第8世代インテルCoreプロセッサー・ファミリー徹底解説 今ゲームするならこれがオススメ」にお集まりいただいたみなさま、誠にありがとうございました。アスキーの自作PC大好き集団「ジサトラ」としての愛知県への出張は2016年2月の豊橋市2017年3月の豊田市に引き続き3回目でしたが、あいかわらずアツいですね。PC自作愛が。

 イベント当日は多数の特価商品もあり、開店前に多くのお客様がいらっしゃっておりました。正直イベントじゃなかったら僕も並びたいぐらいの価格でしたが、そこはぐっとこらえて、第8世代CoreプロセッサーがいかにゲーミングPCに向いているかを解説することに専念しました。というわけで、本稿ではそんなイベントの様子を写真を中心にレポートします。

とにかく特価がヤバイ「パソコン工房 グッドウィル EDM館」

今回のイベント会場は愛知県名古屋市中区大須にある「パソコン工房 グッドウィル EDM館」。開店前なのにもうちらほらお客さんの姿が見えます。この日はELSAのグラフィックボードが特価になっており、特にGeForce GTX 1070 Tiを搭載する「GD1070-8GERTS」は税込みで3万9980円でした。初出価格(と言っても11月に発売したばかりですが……)は8万1600円前後だったので、無理もありません。

開店時には20人ぐらいのお客さんが並んでおり、お目当ての商品を狙います。目玉の「GD1070-8GERTS」は予想通り即完売。そりゃそうですわ。

イベントスペースには僕が組んだ第8世代Coreプロセッサーの最上位モデル「Core i7-8700K」&GeForce GTX 1080 Tiを搭載した自作PCを展示し、PUBGを試遊できるようにしました。準備中にKTUことテクニカルライターの加藤勝明さんがドン勝に挑戦。惜しくも4位でした。ちなみに、PCゲームベンチマークで名を馳せたKTUですが、意外にもドン勝は未経験とのこと。え? 僕ですか? 最高30位ぐらいですがなにか?

イベントスタート! まずは司会の女性の方に僕らの呼び込みをしてもらいます。「それではご紹介しましょう!ASCII編集部のジサトライッペイさんとKTUことベンチマーク奴隷のテクニカルライター加藤勝明さんです!はりきってどうぞ~」と、のっけから女性に「奴隷」とののしられるという我々の業界で言うところの「ご褒美」をいただき、第8世代CoreプロセッサーのCPUセッション開始。

最初のセッションからお客様がたくさん来ていただいて、テンションが上がる我々。「ジサトラKTU」をご覧になられてる方も多く、「あー番組やってて良かったなぁ」としみじみ思いました。

ベンチマークグラフなどを交えつつ、第8世代Coreプロセッサーの概要を解説。特にPCゲームのプレイ&配信のところは、お客さんも興味津々でしたね。やはり物理コアが多く、動作クロックの高い「Core i7-8700K」が頭ひとつ抜けた性能でコストパフォーマンスも良いと思います。少なくとも3年は第一線で戦えるはずです。

セッション終了後はじゃんけん大会。賞品には11月28日に発売したばかりの「週刊アスキー特別編集 2018冬の超お買物特大号 (アスキームック)」を用意しました。あとからわかったんですが、お客様の中にはもう購入したよって方が結構いらっしゃってありがたいやら申し訳ないやらでした。また、お店に来ていただいたお客様にはインテルのノベルティー(ボールペン)も配布しました。

ここでお店から本日のウルトラ特価商品を発表。なんとインテルのコンシューマー向けハイエンドSSD「Intel SSD 750 SSDPEDMW012T4X1」(1.2TB)が税込で4万9800円……ッ! 限定2本! あれ? これイベントしている場合じゃなくね? だってこれちょっと前まで秋葉原で1本15万円ぐらいで売ってましたがな。

「ご購入される方はお早めに」とさわやかに笑う店員さん。いや~、パソコン工房 グッドウィル EDM館はんぱないですね。ぶっちゃけこんな特価がちょくちょくあるなら名古屋に引っ越したくなるレベル。

前へ
1 2
次へ




人気のRyzen Threadripper専用水冷に280mmモデルが追加

ENERMAX「ELC-LTTR280-TBP」

2017年12月12日 22時57分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ENERMAXのRyzen Threadripper対応のオールインワン水冷キット「LIQTECH TR4」シリーズに280mmラジエーターモデル「ELC-LTTR280-TBP」が登場した。



ENERMAXのRyzen Threadripper対応のオールインワン水冷キット「ELC-LTTR280-TBP」

 「LIQTECH TR4」シリーズは、CPUのintegrated heat spreader (IHS)を100%カバーするために銅製受熱ベース部を大型化。熱の伝導効率の向上により、最高の冷却性能を発揮するというRyzen Threadripper対応のオールインワン水冷キット。CPUのデビュー以来、人気となっているモデルだ。



240mmサイズと360mmサイズの中間にあたる280mmラジエーターモデル。搭載ケースによってチョイスしよう

 今年9月には、240mmサイズの「LIQTECH TR4 240」と360mmサイズの「LIQTECH TR4 360」が発売済み。今回新たに、140mmファンを2基備える280mmラジエーターモデル「ELC-LTTR280-TBP」が加わった。

 搭載ファン「140mm T.B.Pressure」のスペックは、回転数500~1500rpm、風量31.86~80.71CFM、風圧0.960~4.812 mmH2O、ノイズレベル14~28dBA、MTTF10万時間、PWM対応の4ピンタイプ。対応ソケットはSocket TR4/SP3と、文字通りRyzen Threadripper専用となる点には注意しよう。

 

 価格は1万7800円。パソコンショップアークで販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


ポップなパステルカラーのゲーミングマウスがMIONIXから

Mionix「MIONIX Avior Color」

2017年12月12日 22時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Mionixから、ポップなパステルカラーが特徴的なゲーミングマウス「MIONIX Avior Color」が発売された。ラインナップは、「Black」「French Fries」「Frosting」「Ice Cream」「Shirk Fin」の5色が用意される。



ポップなパステルカラーが特徴的なゲーミングマウス「MIONIX Avior Color」

 「MIONIX Avior Color」は、既存モデル「Avior 7000」の後継製品。搭載センサーは最高解像度7000DPIのADNS-3310から、最大5000DPIのPMW-3325に変更。利き手を選ばない左右対称デザインは健在だが、サイドボタンを省略するなどシンプルな形状になった。

利き手を選ばない左右対称デザインは健在だが、サイドボタンを省略するなどシンプルな形状に

 裏面に目を向けるとシリーズおなじみの、ドーナツやハンバーガーといったカラフルな絵柄がデザインされているという珍しいギミックも。なお、LEDは非搭載ながら「Black」モデルのみホイール部にLEDを搭載する。このあたりは「CASTOR Color」と同じだ。



普段は見えない裏面にカラフルな絵柄がデザインされている遊び心も。「Avior 7000」からはソールの形状変更されているとのこと

 カスタマイズ可能ボタンは4。サイズは128(W)×65(D)×34(H)mmで、重量は約85g(ケーブル除く)。ソフトウェア「MIONIX HUB」を利用することで、DPI設定やボタンのカスタマイズ設定を本体のオンボードメモリーに保存できる。

 
 価格は5400円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館で販売中。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


NVIDIA、世界で最も高性能なPC用GPU「TITAN V」発表

従来モデルの9倍の処理性能を誇るグラフィックスカード

2017年12月12日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

 NVIDIAは12月7日(米国時間)、世界で最も高性能をうたうPC用GPU「TITAN V」を発表した。

 最先端のGPUアーキテクチャー「NVIDIA Volta」を搭載、従来モデルの9倍となる110TFLOPSの演算能力、Pascalデザインの2倍のエネルギー効率を持つ。Tensorコア640個およびCUDAコア5120個、フレームバッファ12GB HBM2を搭載、ベースクロック1200MHz/ブーストクロック1455MHzで動作。

 映像出力はDisplayPort×3、HDMI×1を持ち、ハイエンドな映像用途にも利用可能。すでに米国などでは発売を開始しており、NVIDIAストア(一部の国および地域を除く)での販売価格は2999ドル。

上坂すみれさん、歌が下手で歌うイメージがなかった

プロ生ちゃんキャソン収録で明かす

2017年12月12日 15時00分更新

文● 千駄木 和弘 編集●北村/ASCII編集部

複雑な歌詞でプログラミング愛が試される
上坂すみれさんが歌う「プロ生ちゃんキャラクターソング」

 プログラミングやIT系の話題に関するイベントを行なうコミュニティ「プログラミング生放送」のマスコットキャラクター「暮井 慧」(通称:プロ生ちゃん)。

「プログラミング生放送」のキャラクタープロ生ちゃん(暮井 慧)

 プロ生ちゃんはコミュニティ内でのキャラクター活動のほか、多数のキャラグッズやLINEスタンプが販売されていたり、人気のフリーソフト「CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)」に特製ボイスが追加された「Kurei Kei Edition(暮井 慧エディション)」がリリースされるなど、プログラマー界隈で愛されているキャラクターだ。

 そんなプロ生ちゃんの新たなグッズとして、キャラクターソングを制作するという。もちろん歌うのは、プロ生ちゃんの声をあてる声優の上坂すみれさんだ。そこで、キャラクターソング収録時のスタジオにて、上坂すみれさんにインタビューを行ない、長年演じているプロ生ちゃんへの想いや、キャラソンにかける意気込みを聞いてみた。

MOSAIC.WAVがディレクションする本気キャラソン
すべて理解できるのはプログラマーだけ?

 取材するにあたり前もってデモテープと歌詞を受け取ったのだが、そこには思わず「マジで?」と声を上げた3つの驚きがあった。

 ひとつは、作曲したのが千葉“naotyu-”直樹さんだという。TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」のED曲「リンクス」や、ももいろクローバーの「全力少女」などを手がけた作曲家で、J-POP、アニメ、ゲーム、劇伴などジャンルを問わず幅広く活動している有名人だ。

 もうひとつは、ディレクションと編曲を担当するのが「MOSAIC.WAV」だということ。MOSAIC.WAVは電波系な歌詞と複雑なシンセサウンドで、独自の「AKIBA-POP」という世界観を作り上げた人気の音楽ユニット。これまでも上坂さんへの楽曲提供も行なっている超実力派のミュージシャンだ。

 正直に言うと、キャラソンを制作しますと聞いても筆者は「ゆーて、個人制作レベルの楽曲なんじゃね?」と舐めていたフシがあった。しかし、まさかのビッグネームの登場で個人制作どころか本気で作ってるんだと驚かされた。

声優の上坂すみれさん(右)と、曲のディレクションと編曲を担当したMOSAIC.WAVの柏森進さん(左)

 3つめの驚きは、キャラソンの歌詞がプログラム用語満載で、非常に難解な文章だったことだ。プログラマーなら「なるほどね」と理解できる内容かと思うが、大半の人には意味が解らない部分にぶち当たるだろう。え、この歌詞はいったい何が言いたいの? Don’t think, feel.ってことかな? という困惑を覚えるはずだ。

 難解とはいえ、歌詞の理解できない部分を省いて流し読み(流し聞き?)しても、ギリギリ把握できる内容になっているので、プログラミング知識がない人が聞いても楽しめるので安心してほしい。

知性あふれる節回しが光る曲
ミドルテンポな盛り上がりを体感してほしい


――ボイス収録の際にもお聞きしましたが、プロ生ちゃんはどんなキャラなのか、再度おさらいをお願いいたします。

【上坂すみれさん】 プログラミングが大好きな女子高生です。日夜プログラミングに励み、よく君(ユーザー)に呼びかけるくれる、すごくフレンドリーな女の子です。良い事も悪いことも「あっけらかん」と受け止めるというか、パソコンがご臨終しても「ご臨終したよー、次のは大事にしようね」と悪い事を引きずらない、サッパリした子です。


――キャラソンを歌ってみた感想をお聞かせください。

【上坂】 プロ生ちゃんは色々なボイスを撮ってきたのですが、そういえば歌はなかったかなと思いました。プロ生ちゃんらしいちょっと理系な歌というか。MOSAIC.WAVさんのすごくキャッチーな可愛さが詰まった、ステキな曲に仕上がる……はずです(笑)


――キャラソンが出ると聞いて、どんなお気持ちでしたか?

【上坂】 最初、MOSAIC.WAVさんが楽曲を作ってると知らなくて、デモテープだけを聞いて「あ、可愛い曲だなー」と思っていたら、MOSAIC.WAVさんだったというのが驚きでした。けっこう長く演じているキャラクターなので、素晴らしい節目というか、新しい一面が見られて良かったなあという気持ちになりました。


――歌詞と楽曲を受け取った時の、率直な意見を教えてください。

【上坂】 プログラム用語がプロ生ちゃんの肝なので、用語が多いなぁと思いつつ、歌詞を書くの大変だったろうなあと、いろいろな苦労が忍ばれる一曲でした。すごくポップで、完成したらすごく可愛くなるだろうなという感じです。


――歌われた上坂さんも苦労されたと思います。歌で大変だった部分はありますか?

【上坂】 ハモりが上下で2パートあったので時間がかかるかなって思っていたのですが、曲自体は全然わからないということはありませんでした。親しみやすい曲なので歌詞はよくわからなかったけど、なんとか歌えたかなって。


――それは上坂さんの楽曲「♡をつければかわいかろう」など、これまでもMOSAIC.WAVさんと一緒にお仕事をされたからでしょうか?

【上坂】 MOSAIC.WAVさんの曲はAKIBA-POPの元祖なので、もともと聞いていてすごく好きでなじみ深いというのもあります。今回の曲にも慣れ親しんだ雰囲気があったかなと。


――フレーズや歌詞で、ここを聞いてほしい部分はありますか?

【上坂】 歌の収録が終わった後で、急に「歌につける合いの手を(お任せで)入れてください」と、わりと丸投げで言われまして、ええー、私にですか! となりました(笑)。理系の掛け声って難しいなあと思いつつ慣れない合いの手の収録でしたが、最終的には皆でいろいろ考えくださって形になっている……はず(笑)。この合いの手がどこ使われているかわかりませんけど、きっと「掛け声入りバージョン」もあるので聞いてもらえるとうれしいです。


――今回の楽曲で気に入ってる部分はありますか?

【上坂】 曲の間奏部分が好きですね。ピコピコしているけれど、おバカ寄りではなく知性があるというか。繰り返しが多くてアルゴリズムを感じさせる……知らないですけど(笑)。電波ソングっぽいけどすごくインテリジェンスな、知性あふれる節回しが光る一曲なので、ミドルテンポな盛り上がりをぜひ体感してほしいです。


――今回はプロ生ちゃんのキャラソンということで、特に意識した部分などはありますか? 

【上坂】 プロ生ちゃんは基本的に元気な子なので、音程が低い部分でもあまり暗くならないようにしました。そもそもプロ生ちゃんに歌うイメージがなかったので「歌うんだぁ?」という感じでしたけど、歌うなら好きなこと言いそうだという想定で、明るく楽しく歌いました。


――歌詞には難解なフレーズが多いですが、内容の説明や指導は受けたりするのでしょうか?

【上坂】 そういえばなかったですね(笑)。もうツルっと撮って終わってしまいましたね。「レスポンスを待ってる」という歌詞の部分なら、何か質問をしたんだな? みたいに、私のつたない国語力で何とか乗り越えました。違ったところがあれば違うと言われるはずなので、特に何もなかったということは大丈夫だったんじゃないかなと。

【上坂】 プロ生ちゃんは何年も演じているのに、プログラム用語が全然覚えられなくて。プロ生ちゃんが教えてくれる超簡単プログラミング用語の本とかあればいいなぁって思いますね。


――いい本の企画が出ましたね。

【上坂】 クエリ―ってなあに? デバッグってなあに? とかやって欲しいですね。そうしたら解説CDをつけて、お値段2800円でぜひ作って欲しいですね(笑)


――先ほど「プロ生ちゃんって歌うんだ!」というお話がありましたが、今回のキャラソンから、プロ生ちゃんに対して新たに「あ、こんな子なのかも?」と感じた部分はありますか? 

【上坂】 私の中では「プログラマーさんは日陰に生きてる」という、ずっと持ち続けているイメージがあったのですが、今回のキャラソンのイメージだとプロ生ちゃんはあんまり暗いところがないというか、わりとサッパリと健康な暮らしをしているんだと知りましたね。パソコンが体に影響しないタイプの健やかで人間で、こんなに活発だったんだねという一面が見られましたね。


――最後に、曲のリリースを楽しみにしているファンに向けて一言お願いいたします。

【上坂】 プロ生ちゃんがついに歌を歌いました! 私、なぜか知らないけど「プロ生ちゃんは歌が下手」というイメージがあり、メッチャ可愛い歌を歌うんですねーって、すごく考えを改めました。プログラマーさんってプログラミングしてて歌とかあんまり歌わないですよね?


――鼻歌を歌うのはあるかもです。リズムに乗るとうまく打てたり、いいものが書けるみたいな?

【上坂】 歌はタイピングに作用するんですね(笑)。プロ生ちゃんの長年のプログラミング人生から生み出されたプログラミングに最適な歌だと思いますので、ぜひプログラミングが生活の一環になっている人はこれを聞いてやる気を出し、そしてエラーを減らしていただきたいと思います。そして、よく寝てください(笑)


――ありがとうございました。

キャラクターソングはオリオスペックで
1月11日から販売

 今回、収録したキャラクターソングはPCパーツショップのオリオスペックで1月11日(プロ生ちゃんの誕生日)から販売される。初回限定版はカセットテープ付きだ。本日12月12日よりオリオスペックで予約受付を開始している。

 なお、予約者にはCV上坂すみれさんのサイン入り缶バッジを抽選でプレゼントされる(10名・購入数で当選確率は変わらない)。

キャラソンCD「{re}coding」

 オリオスペックでは、12月12日より店内でハイレゾ音源を視聴可能予定(近日中にYouTubeのプロ生ちゃんチャンネルでも通常音源を視聴可能になる予定)。上坂すみれさんのサイン入り「プロ生ちゃん等身大ポップ」の展示や、多くのプロ生ちゃんグッズも販売されているので、プロ生ちゃんコーナーをチェックしてもらいたい。

楽曲情報

・曲名:{re}coding
・作詞: yksb
・作曲: 千葉”naotyu-“直樹
・編曲: 千葉”naotyu-“直樹・MOSAIC.WAV
・ボーカル: 暮井 慧(CV: 上坂すみれ)

CD 収録曲
1. {re}coding
2. {re}coding (off vocal)
3. {re}coding ~short size~
4. {re}coding ~for loop ver.~
5. {re}coding ~ringtone size~ (off vocal)

イラストレーター
・Ixy
・MIYA*KI
・浅葱くるみ
・ささくら

読者プレゼント

 上坂すみれさんの直筆サイン色紙を抽選で3名様にプレゼントします。下記応募フォームよりご応募ください。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。


 応募フォームはこちら

 なお個人情報の取り扱いについては「プライバシーポリシー」をご覧ください。

上坂すみれさんの直筆サイン色紙を抽選で3名様にプレゼント

【記事協力】

【関連サイト】



カテゴリートップへ


止まらないCoffee Lake旋風!12/16は福岡でインテル第8世代Coreイベント

パソコン工房 福岡南店で開催

 どもどもジサトライッペイです。激動のCPU戦争が続いた2017年も残すところあとわずかになりました。11/2(木)に発売したばかりのインテルのデスクトップPC向け第8世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Coffee Lake)も各地でさまざまな発売記念イベントが開催され、僕も11/23(木)は東京・秋葉原12/2(土)は大阪・日本橋、そして12/9(土)はパソコン工房 グッドウィル EDM館にてセッションを行ないました。たくさんのお客様にご来場いただき、第8世代Coreプロセッサーの注目度の高さを肌で感じております。

 さて、秋葉原→日本橋→名古屋と続きましたが、次は12/16(土)、福岡県福岡市博多区東那珂にあるパソコン工房 福岡南店で開催します! 僕とKTUことテクニカルライターの加藤勝明さん(@kato_kats)のジサトラKTUコンビが第8世代Coreプロセッサーのことをまるっと解説するほか、NVIDIA JAPANの高橋 一則氏による最新GeForceセッションやインテルZ370マザーボードセッションでは、PUBGドン勝SHOWも開催します! 見事セッション中にドン勝できれば来場していただいたお客様に……、お楽しみに!

■日時
2017年12月16日(土)12:00~16:30

■場所
パソコン工房 福岡南店
(〒812-0892 福岡県福岡市博多区東那珂1-14-46 フォレオ博多内 1F)

■セッションスケジュール
12:30~ 第8世代インテル Core プロセッサー解説
14:00~ NVIDIAセッションwith PUBGドン勝SHOW #1
15:00~ 第8世代インテル Core プロセッサー解説(2回目)
16:00~ インテルZ370チップセット搭載マザーボードはこれがオススメ with PUBGドン勝SHOW #2

 また、恒例のじゃんけん大会ですが、今回アスキーからは賞品を2種類ご用意しました!

 まずひとつ目は12月15日発売予定の「週刊アスキー特別編集 2018パソコン自作特大号 (アスキームック)」です。全6SKUベンチマークではライバルのRyzenとガチ比較しております。また、話題のゲーム配信やVR、BTOパソコンに簡易水冷クーラー選びにZ370マザーボードカタログなど、1冊を通して第8世代Coreプロセッサーのことを全網羅しております。二つ目は「ジサトラパーカー」(サイズL)です。ジサトラKTUで僕らがいつも着ているアレですね。もちろん、未使用品ですのでご安心を。

12月15日発売予定の「週刊アスキー特別編集 2018パソコン自作特大号 (アスキームック)」。



「ジサトラパーカー」(サイズL)。

 セッションは観覧無料ですので、お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね!

■関連サイト
パソコン工房 福岡南店

■Amazon.co.jpで購入



カテゴリートップへ


Cherry MXで使えるピンク、ブルーの透過型交換用キーキャップが発売

Thermaltake「Tt eSPORTS BATTLE DRAGON 38-KEY PBT DOUBLESHOT KEYCAP SET」

2017年12月09日 23時39分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ThermaltakeのゲーミングブランドTt eSPORTSから、Cherry MXキースイッチ互換の交換用キーキャップセット「Tt eSPORTS BATTLE DRAGON 38-KEY PBT DOUBLESHOT KEYCAP SET」が発売された。ラインナップはピンクとブルーの2モデル。



Cherry MXキースイッチ互換の交換用キーキャップセット「Tt eSPORTS BATTLE DRAGON 38-KEY PBT DOUBLESHOT KEYCAP SET」

 Thermaltake得意の交換用キーキャップセットに新モデル。印字が摩耗しない2色成型を採用し、ハードに使用しても印字がかすれたり消えたりすることがない。また、文字部分の成型色はクリアになっており、LEDバックライトの透過が可能だ。



交換用キーキャップとしては珍しいピンクモデル



文字部分の成型色はクリアになっており、LEDバックライトの透過が可能

 キーキャップ数は38キー(英語キーボード対応)。価格は3110円で、パソコンショップアークとツクモパソコン本店で販売中。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ